bravia J5000のDLNAを使う ~音楽を聴く~


田舎の家族用に購入したbravia J5000のDLNA機能でTwonkyMediaへの接続を試してみた。

J5000を選んだのは音楽やビデオを家族で共有できたらと思っていたからなので、早速、linux(玄箱を購入+FedoraCore5)にTwonkyMediaをインストール。ネットワークで音楽・ビデオ・写真を共有してみました。 TwonkyMedia以外にもDLNAに対応したソフトはあったが、linuxベースで一番使いやすかったのがTwonkyMediaでした。(管理画面が日本語なのがうれしい・・)

何はともあれbravia J5000で表示した状態をご覧ください。まずは音楽再生の様子を紹介します。

音楽を聴く(MP3)

リモコンの青い「ホーム」ボタンを押すとプレイステーションでおなじみのXMB(クロスメディアバー)が出てくる。横にスクロールさせると、ミュージック、動画、静止画が出てくるので該当するアイコンを選ぶと下にTwonkyMediaのアイコンが出てくる。

_MG_2526.jpg


_MG_2527.jpg

XMBを操作しミュージックを選択。さらにミュージック、動画、静止画のアイコンが出てくるのでミュージックを選択。タイトルやジャンルを選択し音楽ファイルを表示する。※本来はTwonkyMediaでミュージックのみ表示する設定にしているので、動画や静止画は表示されないはずだがうまくいかない。まあ、使用上それほど問題ないのでよしとした。


_MG_2534.jpg
ミュージックを選択

_MG_2535.jpg
ジャンルを選択

_MG_2536.jpg

J-Popを選択

_MG_2537.jpg
アーティストを選択

_MG_2538.jpg
アルバムを選択

_MG_2539.jpg

曲を選択

_MG_2545.jpg

こんな感じで黒い画面に曲名が表示され、曲が再生されます。音声は背面にオプティカルデジタル出力があるのでそこからAVアンプに出力しています。もちろんテレビのスピーカーにも出ます。

感想

PS3のレスポンスから比べるとややもっさり感はあるが、家電としての使い勝手はよいと思う(XMBの感覚は若い世代向けだけど・・)。DLNAからのネットワーク転送をした場合も特にレスポンスの悪さはなくサクサク再生できた。
写真のところで紹介したいと思うが、ソニーのCMでもあったBGM機能とスライドショーを使った写真演出機能にこの音楽が使えるので試してみたい。

写真・動画の様子は後ほど書いていきます。


投稿者: ちゅう たろう

ネットワーク・サーバー周りをちょっと知っているだけの普通の人です。